大阪谷町四丁目の手づくり教室と貸しスペース、貸し会議室、エンクル




あなたも講師になってみませんか?

                 

 「en ☆ kul」 では 

「何かはじめたい!」・「仕事と別にこれがしたい!」というふうに

 集客も積極的に行え、目標をもってできる方を募集しています。

 現在では「貸しスペース」をお使いいただき独自の教室を開催していただいています。

 ご希望があれば集客を呼びかけることもできます。

 真剣に何かをはじめてみたい!と思っている方、エンクルで第一歩を踏み出してみませんか?

 経験すれば次が見えてくるので、色んな可能性が広がっていきます。


はじめてみたいけど・・・
どうしていったらいいかわからない講師を目指す皆様に・・・



まず、教室の様子ご利用者の声をご覧ください。


ちょっとイメージできたでしょうか・・・


まだ迷いがあるという場合は

ドリームアドバイス
エンクルがアドバイス(事前予約・有料)詳細

具体的に相談したいことがあれば連絡してきてください。
13年間教室をプロデュースしてきた経験がお役に立てれば幸いです。
  

講師にトライ!
「講師支援サービス」→詳細は下記の通りです。

さあ!講師第一歩のはじまりです。
教室やセミナーをされる方には「講師支援サービス」を行っています。


             
*講師活動支援サービスとは・・・

このサービスはエンクルで活動される講師さん(定期的にセミナーや教室を開催される方)に
チラシの設置、HPのリンク、ブログの告知等で集客を協力するサービスです。
タイミングがあえば メルマガでも告知サポート可能です。

*単発で開催される場合でも協力させていただくことは可能です。

-------------------------------------------------------------

【現在の継続教室】

☆貸しスペースを利用して、
着付け教室、煎茶教室、書の教室
民謡、 生け花のお稽古、ヨガなどを開催中。



-------------------------------------------------------------------------------------------------


夢を叶えたフラワーアレンジ講師さんのお話をご紹介いたします。

エンクルでフラワーアレンジの講師として二年間ご活躍いただいた
八谷さんの夢(フラワーショップ Lagioia ラ・ジョイアOPEN)に至るまでの話。

お花との出会いは大学生の時でした。

参加したフラワーアレンジメント教室のレッスンがすごく楽しくて

お花の世界がもっと知りたい!と思ったのが始まりです。

教室の先生に紹介していただいた花屋で働くことになり

その後はホテル内にある花店でブライダルの仕事に就きました。

ところが収入の面で挫折してしまい、安定した収入のある事務職へ転職しました。

約2年経った頃「これではいけない!」「自分は何をしたいの?」と自分を見つめ直した時

やはりお花の仕事がしたいと気がつきました。

それからインターンシップを見て専門的知識を伸ばせるガーデニングに興味を持ち渡英しました。

半年間という滞在期間の中で3ヶ月が過ぎたころ、

「ガーデニングに興味を持ってイギリスに来たものの本場のガーデニングは奥が深く

半年という短い期間で学びきることは到底出来ない・・・。

この滞在期間をもっと実りあるものにしたい!」と思うようになりました。

そんな時、イギリスの田舎町で花屋をしている女性に出会い、

私はそこで残りの三ヶ月を住み込みでお手伝いさせて頂くことになりました。

彼女は私と一つしか年齢がかわらないにも係わらずしっかりお店を経営していました。

私は日に日に彼女の仕事に対する情熱やその人柄に惹かれ、憧れを抱くようになり、

私も独立したいと思いました。

その時イギリスに来てくれた姉夫婦にその想いを語ったところ、二人も乗り気になり、

将来お店を持つことを目標に、3人でお金を貯めました。

どうしたかというと、まず確実な収入を得るため新地の生けこみの仕事から始めました。

そして、友達がお花を教えて欲しいと言ってくれたのがきっかけとなりお花の教室を開くことになります。

その後、知人の紹介で展示会の生けこみ(花と空間のトータルコーディネート)等をさせて頂きました。

エンクルの横尾さんとはこの頃レッスンに来ていただいたのがきっかけで出会いました。

その後、横尾さんが運営される教室でフラワーアレンジの講師をしてほしいという要望で

自分の仕事をしながら月一回のレッスンの講師として指導させていただくことになりました。

以前からお店の物件は探していたのですがレッスンをはじめて半年が経った頃

たまたま仕事上の書類の投函を母に頼んだところ切手を貼り忘れたことに気づき

本局まで切手代を支払いに行ったことが物件の発見につながりました。

ちょっとしたトラブルがきっかけでタイミング良く理想の物件が見つかったり人生って不思議だなと思いました。

お店がOPEN(2004年11月)して1年半。

その間色々な面でスランプもありましたが、

結婚もして2006年12月には新しい家族も増えました。

人はきっちり計画して夢を叶えていくというイメージがあるけれど、

私の場合、特に計画もせず直感で動いてきました。

夢を叶えた話というより経験を書いただけですが、

これは母の支え、家族の理解なしではできなかったことです。

お店を持つ夢は叶えたけれど、これからも感謝の気持ちを忘れず

花に則った次の夢を果てしなく追い続けていきたいと思います。

エンクルが思うこと・・・

私は八谷さんのように やりたいことを見つけていたわけではありませんが

普通にOLをしていて「これでいいのか・・・」「こんな毎日でいいのか?」と常に疑問を抱いていました。

彼女のようにすぐ行動を起こすか・・・ただ同じ日々を過ごすのか・・・


これで人生変わってきますよね。行動を起こすと何がしたいのか見えてくる。

しかし、環境によってそれがすぐできるとは限りません。

この夢に至るまでの話も10年に亘る話です。そう簡単にはいきません。

大切なのは自分のしたいことを思い続けること。

そして常にアンテナを張り巡らせる。そうすればチャンスはやってきます。

直感もそこではたらくのです。そのプロセスで本当に自分が楽しいと思うことを

再確認できれば、それに共感してくれる仲間が自然と近づき、いい出会いがやってくるのです。

しかし、誰もがそううまくいくのでしょうか?

それを経験できるのは希望をもち、努力を惜しまず、感謝の気持ちを忘れない人であると思います。


 



@Maki

HOME

Copyright (C) 2004 en-kul. All Rights Reserved